ダイエット中は朝食を食べないという人も多いと思います。
朝食抜きダイエットという方法もありますし、「食べないだけ」なので、簡単に始められます。

ただ、朝食を食べないというのは、あまり良いとも言えないのです。

もちろん、メリットもあります。
朝食を食べない分、一日の摂取カロリーに余裕が出来るので、その分、昼や夜に食べられるものに選択肢を増やすことが出来ます。
昼や夜は人に誘われて食事に行くことも多いですから、食べられるものが多い方がいいですよね。

ですが、デメリットとしては『太る体質になってしまう』という可能性があるのです。
朝食を食べないことで、空腹を感じている時間が長くなってしまいます。
その結果、体は飢餓状態であると認識して、生きるために脂肪を蓄えるようになります。
つまり、昼食で食べたものが脂肪に変えられてしまう可能性が出てきてしまうのです。

私も朝食抜きダイエットはしたことがありますが、振り返ってみるとお腹が空いている分、昼食は少し食べ過ぎていた気がします。
しかも、時間が無い場合もあったので、早食い気味だったので、全く体重変動が無かったのです。

変動が無いだけならいいですが、増えていってしまうのはダイエットをしている身としてはつらいですから、軽くでも朝食は食べておいた方がいいと思いますよ。
ヨーグルトやサラダといった低カロリーのものなら食べてもダイエットの邪魔にならないはずですからね。


PR